算数・数学アカデミー IMA
IMA なんでもQ&A キャサリン
他のページへ
IMAの愉しみかた IMAを授業参観 アカデミー会員になろう みんなの声を聞いてみよう! 保護者の方々へ

ここでは、よくある質問とその回答だけを掲載しています。

パソコンを使ったことがないけれど、だいじょうぶ?
IMAの学習をする上でのパソコンの操作は簡単なので、すぐに覚えられます。また、これからパソコンを購入したり、インターネットの接続環境を整える方でご相談がある場合は事務局までお問い合わせください。
iPadやiPhone等の端末でも学習可能ですか?
IMA学習室の問題はフラッシュプレーヤー対応の画像によって表示しておりますので、フラッシュプレーヤーのアプリを利用できないiPad、iPhone等の端末では学習できませんが、2014年春のリニューアル後、一部の端末では対応できていることもあることが報告されています。ただし、IMAの問題は通常の教育アプリとは異なりかなり難度が高く、端末で画像を眺めるだけで解ける問題ではありませんので、多くの場合プリントアウトしてじっくり考えることが必要になります。
なお、各端末で下記の「IMAを授業参観」ページを呼び出していただき、問題が表示されていれば、その端末での学習の可否を確認できます。
http://www.ima.ne.jp/welcome/test/index.html
塾や学校とはどこが違うの?
学校や塾の学習内容の理解を土台として、その上の学習をしていきます。答えだけがあっているとや正解を出す速さだけにこだわらず、その過程の筋道を大切にし、じっくりと時間をかけて考え抜く習慣をつけてもらうための学習をします。
毎月の費用は?
月々のアカデミー会費は税抜3,000円+消費税です。インターネットにはプロバイダ費用や通話料がかかりますが、アカデミーの学習は問題やプログラムをいったんダウンロード(自分のコンピュータに取り込む)してしまう形のものがほとんどなので、定額制のADSLやフレッツ、光ケーブル等でない場合でも通話料はごく少額ですみます。
どんな問題が出されるの?
単純作業的な計算問題はありません。たとえ計算問題でも虫食い算や魔方陣のように考えさせる形式で出されます。単なる問題パターンの暗記によって解くのではなく、その場で思考力をフルに使って論理的につきつめていく問題が出されます。
わからない問題はどうすればいいの?
できるだけ自分の力を使って解いた喜びを味わっていただきたいので、下記のように対応させていただいております。
1.段階的にヒントを出し、自分で解法に気がついてもらえるように誘導します。
2.IMA学習室お問い合わせフォームで質問メールを送り、個人的に回答を受けることができます。
算数・数学の学習以外にはどんなことがあるの?
身の回りの事物と数学の関わり、数学者の障害に関する面白い話題・エピソード、かなり深い知識まで掘り下げた化学実験、気分転換を兼ねた能力トレーニング、ためになる各種教育情報や適性・適職検査のページで学習したり、楽しんだりすることができます。
また、定期的なネット上でのイベントが行われ、景品としてグッズも進呈されます。
インターネット上以外の活動や行事はあるの?
アカデミー会員は日頃の学習成果を図るために夏の「算数オリンピック(ジュニアを含む)」や「広中杯全国中学生数学大会」等に積極的に参加していただいていますし、ピーターフランクルの合宿やアルゴ大会などの課外活動(別途有料)も今後計画されています。
学習室の開始GRADE(グレード)はどうやって決めるの?
アカデミー会員になりますと、お客様専用の会員ページ入室用のID番号とパスワードが記載されたメールが届きます。
そのID番号とパスワードで入室しますと、自動でグレード選択ページへジャンプします。
グレード選択ページにあるサンプル問題をご覧になり、自分のレベルにあったコースを選択してください。もちろん、途中でGRADEを変更することもできます。
※IMAの問題は見かけ以上に深いテーマを持ったものが多く、最初はとりあえず易しめと感じられるコースを選択され、物足りなければコース変更されることをお勧めしています。

なお、グレードは小学生5コース、中学生4コース、計9コースが設置されています。
小学校2年生にはデカルトコース、小学3年生にはデカルトコース、オイラーコース、小学4年生にはデカルトコース、オイラーコース、フェルマーコース、小学5年生にはオイラーコース、フェルマーコース、ガロアコース、小学6年生にはフェルマーコース、ガロアコース(ガロアコース修了者のみヒルベルトコース)、中学1年生にはクンマーコース、ニュートンコース、中学2年生にはニュートンコース、パスカルコース、中学3年生にはパスカルコース、リーマンコース、高校1年生にはリーマンコースと、学年ごとに割り当てられたコースの中からご自分で選択していただきます。
1ヶ月にどれくらいの問題が出題されますか?
学習室の問題は6つのカテゴリー(a、数の性質の世界 b、数の変化の世界 c、平面図形・立体の世界d、数理パズルの世界 e、文章題の世界 f、論理の世界)ごとに各1問ずつじっくり時間をかけて考え抜くことを目的とした教育的な問題が出され、毎月1日と16日に問題が更新されます。
イメージ
その他、ご質問、ご不明点がございましたら、何なりとお問い合わせください。

●お問い合わせ先
IMA(インターネット算数・数学アカデミー)事務局
東京都港区南青山5-6-10 5610番館202
営業時間:午後1:00~午後5:00(土日祝は除く)
TEL:03(3498)5021 FAX:03(5539)3832
E-mail:info@ima.ne.jp
ページのいちばんうえ
トップページにもどる